自動的なロボット溶接 ほとんどの生産過程において高精度の自動ロボットアームと溶接機械を使用します。あらゆる溶接ビードは、我々の最高のパフォーマンスです。

購入したボートの溶接プロセスはプロの職人さんによるものなのか、それとも見習生によるものなのかとご心配でしょうか。Morningstar Boatsから購入すれば、ご心配はいりません。

 

複雑表面を製作できる高精度のレーザー加工機にわれわれの独特な成型技術を取り入れ、同一の部品でできているロボットアームを使用します。これらの自動ロボットアームは予めプログラムされた経路により、溶接トーチを正確な位置へ導きます。溶接機械自体は無数の変数にセットできます。実際のテストで得られた最適値にセットされるものもあるし、溶接環境により自動調節や自動修正で得られた数値もあります。このように最高の溶接品質を維持します。

 

溶接の針はプログラム、電流、電圧、アーキングと他の変数により動的に調節するため、一秒ごとに何回も変化することがあります。溶接プロセスにおいてその正確さと安定したリズム感は手作業では実現しにくいです。

このような標準作業プロセスにより、同一の溶接ビートが何回も再生できるし、安定した溶接品質も守れます。手作業で起こりやすい人的ミスや不安定性の可能性を最低限にします。

 

さらに、製品開発及び品質管理の過程において、われわれは何回も破壊検査と非破壊検査を重ねて行い、製品と部品の検査を繰り返します。例えば、X線や浸透探傷検査などの技術を使い、台湾溶接協会とTCWI溶接検査技術者の資格を持つ者により、様々な欠陥を効率的に見つけて修正を行います。このように最高の溶接品質をもたらします。

グローバル ベトナム タイ 台湾 南アフリカ オランダ マレーシア
アンカリングについて インドネシア
フィッシング-46F ボートの走行姿勢 香港
ロボット溶接 フィッシング-46A 離着岸について ドイツ
Origid フィッシング-46S 出航前の注意事項 中国
ハイドロハル Sea Angler トレーラーについて オーストラリア
5083アルミ合金 プレジャー-46R アルミ合金 VS FRP 日本
HOME 新着情報 テクノロジー ラインナップ マリンライフ お問い合わせ

Copyright © Cadcam Marine Pty. Ltd. All Rights Reserved