Origrid われわれのアルミニウム船底フレームは折り紙芸術からヒントを得て、特許権を取得したデザインです。このような立体幾何構造はほかのブランドでは叶えない靱性と構造の強度に加え、伝統的なフレームよりずっと頑丈です。

われわれは特許権を取得したorigridという新型立体構造デザインを採用し、簡潔で美しい外観のほか、経済的効益にもなります。一体形成という構造は必要とされる溶接点の数を最低限にし、船体における様々なストレスが有効的に分散できます。

このような頑丈な立体幾何構造を用いて、普通のアルミニウム合金板より強度が向上される一方、一番効率的で高性能を持つデザインでもあります。

伝統的な小型ボートはより簡単なフレーム構造しか持っていません。基本的にはアルミニウム合金板を船底と舷側の補強として溶接されています。もっと複雑な中型商用ボートのフレームなら、構造の強度は増えますが、必要に応じて溶接には相当な人手と時間がかかります。そうすると、コストと値段が必然的に上がります。

一体形成

必要とされる溶接点の数を最低限にする

構造の強度を大幅に向上させる

伝統的なプレジャーボートにおける船底フレーム

伝統的な商用ボートにおける船底フレーム

Origrid新型立体構造

グローバル ベトナム タイ 台湾 南アフリカ オランダ マレーシア
アンカリングについて インドネシア
フィッシング-46F ボートの走行姿勢 香港
ロボット溶接 フィッシング-46A 離着岸について ドイツ
Origid フィッシング-46S 出航前の注意事項 中国
ハイドロハル Sea Angler トレーラーについて オーストラリア
5083アルミ合金 プレジャー-46R アルミ合金 VS FRP 日本
HOME 新着情報 テクノロジー ラインナップ マリンライフ お問い合わせ

Copyright © Cadcam Marine Pty. Ltd. All Rights Reserved