革新的な技術を持つアルミニウム合金の船殻-ハイドロ ハル(Hydro Hull) アルミ合金製ボートの軽さと強さとガラス繊維船のような流線型デザインを兼ね備えました

ハイドロ ハル(Hydro Hull)とは伝統的な金型工業と、造船工業技術と、最先端の解析技術が溶け合い、何年もわたって誕生したアルミニウム合金のことです。ハイドロ ハルを用いた船殻は革新的な技術とも言えます。伝統的なアルミニウム合金製の船殻とは違い、アルミニウム合金の軽さと強さを保ちながら、ガラス繊維だけにある流線型デザインという特性も持っています。

 

ハイドロ ハルの船底の殻と言えば、高強度の船舶グレードのアルミニウム合金板が数千トンもの圧力によって作り上げられ、現代の高性能ガラス繊維船だけにあるリバースチャイン、ストレーキ、または可変的なデッドライズを備えています。このような幾何構造は船の安定性、凌波性、走行性能と快適な乗り心地に加え、船底構造の強度も向上させました。

 

舷側の殻とスターンデッキにも同じような考慮と技術を取り入れました。最後はロボットアームで精密に溶接させ、流線型アルミニウム合金の船殻―ハイドロ ハルが出来上がりました。

部品数をできるだけ減らし、一体形成の技術で舷側外板と舷縁を結合させました。このように伝統的な技法による構造面の欠陥も溶接欠陥も避けられました。

 

従来、複雑表面と流体力学的なデザインを備えた船殻はガラス繊維船にしか見えません。一方、アルミボートや他の金属ボートは簡単な可展面に限られています。

 

弊社は数十年の金属成形の経験を持っており、いろいろな技術面における困難を乗り越え、優れた操縦性を持つ船殻を作り上げました。ハイドロ ハルはガラス繊維船のような流線型デザインと、アルミニウム合金の軽さと強さの両方の特性を見事に兼ね備えました。

一般的な技術

Hydro Hull

新 vs. 旧

グローバル ベトナム タイ 台湾 南アフリカ オランダ マレーシア
アンカリングについて インドネシア
フィッシング-46F ボートの走行姿勢 香港
ロボット溶接 フィッシング-46A 離着岸について ドイツ
Origid フィッシング-46S 出航前の注意事項 中国
ハイドロハル Sea Angler トレーラーについて オーストラリア
5083アルミ合金 プレジャー-46R アルミ合金 VS FRP 日本
HOME 新着情報 テクノロジー ラインナップ マリンライフ お問い合わせ

Copyright © Cadcam Marine Pty. Ltd. All Rights Reserved