アンカリングについて アンカーを打つ

アンカリングの場所を決めるとき、潮、海流と風向などの状況を確認してください。そして海流と風向の影響を受けても他のボート、橋、岸壁または暗礁などにぶつからないように広いスペースを選んでください。また、他のボートの航行の邪魔にならないように、狭い航路に停泊しないでください。航路の浮標や浮玉等への係留は避けてください。

 

場所を決めたら、風上や上流に向かってボートをゆっくり走行します。風向と海流が違う場合は、影響が大きいほうを選んでください。停泊地に向けてから、アンカーを船首からゆっくり下げてください。決して投げてはいけません。アンカーを水の底についたら、アンカーが固定するまでボートを風や潮流に流させます。

 

アンカーロープの長さはせめて水深の三倍以上でなければなりません。アンカーを打つ時、アンカーロープに手足を絡ませないようにご注意ください。アンカーを打った後、ロープを船首のクリートに結んでください。

 

確実なアンカリングをするため、アンカーとアンカーロープの間にチェーンで繋いでください。チェーンはアンカーの把駐力を高めるし、アンカーロープが海面に浮いて、アンカーを引き上げるのを避けることができます。

 

アンカーを上げる時、ボートをアンカーの方向へ進めながら、アンカーロープを回収します。ロープが垂直になったら、アンカーをゆっくり引き上げてください。

 

もしアンカーが引き上げられなかったら、ロープをクリートに結んで、ボートをゆっくりアンカーをめぐって走行させてください。その同時に、ロープをぴんと張ってください。アンカーがはずれたとたん、速やかに回収してください。回収している間、ロープがプロペラに絡まないようにご注意ください。

グローバル ベトナム タイ 台湾 南アフリカ オランダ マレーシア
アンカリングについて インドネシア
フィッシング-46F ボートの走行姿勢 香港
ロボット溶接 フィッシング-46A 離着岸について ドイツ
Origid フィッシング-46S 出航前の注意事項 中国
ハイドロハル Sea Angler トレーラーについて オーストラリア
5083アルミ合金 プレジャー-46R アルミ合金 VS FRP 日本
HOME 新着情報 テクノロジー ラインナップ マリンライフ お問い合わせ

Copyright © Cadcam Marine Pty. Ltd. All Rights Reserved